お申込み・お問い合わせtel:03-3407-0123
  • menu
  • tel:0334070123
  • お申込み・お問い合わせ

出張細断とは

出張細断とは

出張細断とは 出張細断とは個人情報や製品情報など、外部に流出させてはならない機密文書を、お客さまの目の前で細断する出張細断サービスです。
経験豊富なスタッフが直接お伺いし、情報漏えいが起こらないように最大限の注意を払い、その場で処理させていただくサービスです。
適切な機密書類廃棄が必要なワケ

適切な機密書類廃棄が必要なワケ

昨今の急速なIT技術の発達により、情報の電子化が一気に加速し、各種情報の取り扱い方法が大きく変化しました。現在、インターネットや各種メディアを利用することで、膨大な情報が一瞬でやりとりできるようになった反面、流出の危険性も高まってきています。そうした経緯から、必然的に個人情報保護の重要性も高まり、情報を保護し正しく取り扱うための「個人情報保護法」が制定されたのです。
しかし、情報の電子化といっても全てがデジタルデータにシフトしたわけではありません。以前と同様に紙媒体でのやりとりも変わらず行われています。そのため、データだけではなく、書類などの紙媒体も、引き続き正しく管理・処理する必要があるのです。
以前は、紙媒体の廃棄といえば焼却による処理が主流でしたが、ダイオキシン問題により平成14年に焼却に関する法律が改正され、焼却炉の設置や使用が見直されました。現在はシュレッダーによる機密書類処理が一般的です。しかし、通常企業が使用しているオフィス用のシュレッダーでは、細断後復元されてしまう可能性があるので、安全とはいえません。
確実な処理を求めるなら、信頼できる専門業者への依頼が最も安全といえるでしょう。

個人情報漏洩のリスク

個人情報漏洩のリスク

多くの企業さまは、お預かりしているお客さまの情報をはじめ、さまざまな個人情報を大量に取り扱っておられることでしょう。そうした大切な情報の流出を防ぐには、適正な機密書類処理・データ消去が必要不可欠です。
仮に情報が漏洩してしまった場合、法律に抵触するようなケースでは、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が課せられるほか、被害者から損害賠償を請求されるかもしれません。また、お客さまからの苦情対応で、日常業務に支障がでる場合もあります。何より、長年培った会社への信頼が失われることが、最大の損害といえるでしょう。こうした損害を未然に防ぐためにも、日頃から個人情報の管理・処分を適正に行う必要があります。
※データの場合「ファイルの削除」だけでは復元される危険があるので、専門業者に処分を任せるのがおすすめです。

溶解処理による破棄との違い

溶解処理業者、細断処理業者を問わず、自社で処理工場を保有していない業者は、ほとんど例外なく製紙メーカーの工場を借りて処理を行っています。そのため、お客さまの都合よりも工場を保有する製紙メーカーの都合が優先されてしまい、書類を回収してもすぐに処分できず、しばらく保管されているケースが見受けられます。
溶解処理業者の場合この保管期間が問題で、細断などの処理をしていないため、処分を待っている間に保管されている書類から情報が漏洩してしまう可能性があります。また、溶解処理業者は処理専門の業者ではない場合が多く、セキュリティに対する認識が低い場合がある点も不安要素のひとつです。
一方、細断処理業者は、まずシュレッダーで情報の抹消を最優先に行います。そのため、その後製紙メーカーで処分されるまで時間がかかったとしても、情報漏洩の危険性が極めて低いため、安心して処理を依頼できるでしょう。

業者委託の溶解、焼却など 細断サービス
細断、溶解等の現場までの経路は? × 不明(紛失しても分からない) ○ お客さまの目の前で作業
作業者は明確ですか? × 不明 ○ 明確
破砕事実の確認ができますか? × できない ○ お客さまの目でご確認
リサイクルは可能ですか? × 不可能(焼却の場合) ○ 100%リサイクル可能

出張細断.comの強み

リーズナブルな価格帯

リーズナブルな価格帯

私達、出張細断.comの運営会社は顧客データを取り扱う企業です。大切なお客様のデータを廃棄する際に自社にて処理させて頂くことで、より安心・安全な処理を施しております。
紙媒体の処理の大切さを知っているからこそ、ご提案できる価格帯です。
お値段は100kgまで税別8,000円ととてもリーズナブルな価格帯。
毎月1回定期的な処理も可能です。
細断完了後、細断証明書をお渡しするほか、後日リサイクル証明書を発行させていただきますので、溶解証明書が必要な方もお気軽にお申し付け下さいませ。

少量ロットからでもご依頼可能!

少量ロットからでもご依頼可能!

一般的な出張細断サービスでは、一定量以上の重量がないと対応できません。そのため、こうしたサービスの多くは紙媒体を大量に扱う官公庁や大学、高校、大手企業などのご利用がほとんどです。その点、当社の出張細断は100kg未満の小ロットでも対応可能。そのため、会計事務所や税理士事務所、個人病院など、大量の書類をストックできない事務所や、少量の機密文書を破棄したい施設での処理もお任せいただけます。

情報漏えい防止の徹底

情報漏えい防止の徹底

お客さまお立ち会いのもとで書類の重量を計測した後、業務用シュレッダーにより高速細断処理を行います。書類を社外へ持ち出すことなくお客さま確認のもと細断処理を行うため、運搬中などに起こりうる、情報漏洩の心配もありません。